母の日にプリザーブドフラワーをプレゼントするなら

プリザーブドフラワーは、造花ではありません。
生の花を特殊な技術で加工し、長期保存を可能にした花です。

 

花に保存液と着色料を吸わせて作る為、自然界にはない色合いを出すことができます。
とても鮮やかな色が特徴の花です。
また、お手入れも簡単。そんな理由からプレゼントとして人気があります。

 

プリザーブドフラワーと言えばバラです。

でも、カーネーションもあります。「母の日」のプレゼントとして贈る方も多いです。

 

生花と違い水やりの必要はないし、アレルギーの心配もありません。
また、長期保存できるのでお部屋のインテリアとして長く飾ることが出来ます。
母の日プレゼントにプリザーブドフラワー、いいですよね。

 

多彩な色、多彩なアレンジもまた魅力。

「カゴ」や「ガラスの器」に盛った物や壁掛けタイプ、箱に入ったボックスタイプ、ケースタイプなどがあります。
飾る場所を選びませんよ。

 

値段

ただ、プリザーブドフラワーは高価です。生花の3倍以上と言われています。
それに「値段の割に小さい」と思われるかもしれません。

 

でも、切り花の数十倍長持ちし、水遣りも不要。
小さいことで置き場所にも困りません。生花をプレゼントするより喜ばれるでしょう。

 

ネットショップ

購入する際はネット通販の、専門店での購入が便利でおススメです。
少し色が分かりにくいですが、見本もたくさんあります。
予算を伝えてオリジナルアレンジをしてもらう事も可能です。

 

母の日のアレンジメントなら、全体を明るめの優しい色合いを選ぶといいでしょう。
日頃の感謝の気持ちを込めて、ありがとうの言葉を添えてプレゼントしてあげて下さいね。

 

 

 

母の日ギフトにプリザーブドフラワー

母の日ギフトといえば、やはりカーネーションやバラを贈る方が多いと思います。
いつもお世話になっている母にそういったお花を贈るのは、日本では昔からの習慣となっていますよね。
こちらでは母の日ギフトにお花を贈る際にプリザーブドフラワーをおすすめしています。
生花でももちろん喜んでくれると思いますが、やはりプリザーブドフラワーならいつまでも見て楽しむことができるし、お手入れも必要ないので、おすすめの一品ですね。
プリザーブドフラワーはどのようにして選べば良いのか、母の日に贈るにはどういったものが良いのか紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

母の日のイメージカラーはやはりカーネーションやバラを贈るところからも、赤色です。
生花さながらのみずみずしさが魅力のプリザーブドフラワーは、長く咲き続けること、水やりなどの手間がいらないこと、生花に比べて大胆でスタイリッシュなアレンジメントが可能。
そのため簡単に身近に、美しい状態を楽しむことができ、インテリアやメモリアルフラワーとして大人気です。
母の日などの特別な記念日にはよく贈られるアイテムなので、ぜひ一度贈ってみてくださいね。

 

やはり、母の日なので赤い色のお花がアレンジされたものが望ましいでしょう。
生花ではなかなか大胆なアレンジや多い本数でのアレンジが難しかったりしますが、プリザーブドフラワーはそういったことも可能です。
母が別に好きな色があるなら好みの色を贈っても良いですが、やはり王道は赤のカーネーションやバラ、そしてガーベラなどではないでしょうか。